病院選びのポイント

このページでは、一刻も早く頚椎椎間板ヘルニアを克服したい方に、病院選びや専門医選びのポイントをお教えします。

症例数が多い病院を重視

もっとも大切なのは、手術数が多い病院であるかどうかです。手術数が多い病院はそれだけ数々の症例を診てきていますし、それだけ柔軟な対応が期待できます。手術の規模はヘルニアの数や重症度によって変わりますし、年齢や合併症なども考慮しながら適切な処置を行える医師でなければ、安心できません。

ただし、注意するのは手術の方法で、手術数が多くても最少侵襲手術を行っているとは限りません。手術数を見る時は、手術内容についてもきちんと確認するようにしましょう。具体的に症例数や手術の内容等をホームページで紹介しているクリニックは信頼が置けると考えて問題ないと思います。

治療方針や費用が明確か

病院選びには相性もありますが、最低限治療方針がしっかりしているかは大切なポイントです。治療の前は事前にどのような治療を行っていくか、治療に対する効果や懸念事項もきちんと伝えてくれる病院は誠意があると思って間違いないと思います。

また、費用を具体的に提示しているかも重要。なかには、複雑な料金体系で治療費がかさんでしまったという悪質な病院もあります。ましてや自己負担による手術などでは高額になるケースもありますので、金銭面についてはしっかり確認して下さい。

実績のある専門医選びを

ヘルニアは整形外科を受診するのが一般的ですが、ヘルニア治療を専門に扱っていない病院もあるので、ホームページなどを参考にしながら、ヘルニア治療に力を入れているかの下調べが必要です。

日本整形外科学会で導入されている手術法であったり、認定資格を持っている医師であったりすれば高い医療レベルを期待できるでしょう。デリケートな部位をお任せするのですから、医師選びはなによりも慎重に行って下さいね。