おもな原因と症状

頚椎椎間板ヘルニアを引き起こす原因を徹底リサーチ。身体にあらわれる症状も紹介します。

ヘルニア発症の原因

ヘルニアとは飛び出すという意味です。椎間板ヘルニアとは中身である髄核が飛び出してしまう病気で、20代からはじまる椎間板の老化や不良姿勢などによる背骨の負荷が積み重なることにより、髄核が外にはみ出てしまいます。

椎間板の老化とは、髄核の水分が減少してしまうことを指します。椎間板が水分を多く含んでいるとクッションの役割をはたして衝撃を吸収し、頭を支えてくれるのですが、水分が抜けていくことにより、動きが低下してくるのです。この為、脊髄や神経根を圧迫して痛みなどの症状があらわれるのです。

複雑な疾患と言われる頚椎ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアに比べて発症年齢が高く、40歳を過ぎてから発症する場合が多く見受けられます。また、なかには軽いむち打ちなどの外傷やスポーツ外傷をきっかけに発症することもあります。

頚椎ヘルニアが厄介な理由は、頚椎の構造的な弱さも挙げられますが、脊髄中推進系、頚椎神経という2本の神経が通っているということもあります。この複雑な構造が腰椎や胸椎のヘルニアに比べて複雑な疾患になっている理由と言えるでしょう。

おもな症状

頚椎ヘルニアの代表的な症状は頚椎を傾けた時に走るピリピリとした痛みです。この神経痛の範囲はヘルニアがある場所や神経圧迫度によって変わります。

頚椎の上部が主な患部の場合は頚椎のしびれ、腕の上半分のしびれなどがあり、頚椎の下部が患部の場合は、頚椎のしびれ、腕の下側のしびれ、胸から腰にかけてのしびれ、足先のしびれなどが特徴です。

症状が軽い場合は負荷がかかった場合にピリッとする程度の痛み済む場合もありますが、とてもデリケートな組織の為、早期発見・早期治療がなによりも大切。少しでも心配な場合は早めに専門医による治療を受けましょう。