MENUCLOSE
決定版!頚椎椎間板ヘルニア治療徹底ガイド » 首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」とは » 首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)の主な原因

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)の主な原因

頚椎椎間板ヘルニアを引き起こす原因を徹底リサーチ。わかりやすく紹介します。

原因1 椎間板の老化

20代から70代の幅広い層で椎間板ヘルニアの原因となっているのが、椎間板の老化です。

頸椎の間に挟まっている椎間板は、頭の重さによって常時圧力がかかっているため組織の中で最も早く老化が起こると言われています。具体的には、椎間板の中心部にある髄核の水分が減少し、椎間板の弾力が失われていく現象です。

頸椎の老化は頸椎がよく動くところに多発します。最もよく動く第5頸椎と第6頸椎の間や第6頸椎と第7頸椎の間、第4頸椎と第5頸椎の間は老化が発生しやすいと考えられます。そのまま老化が進むと椎間板を覆う膜に亀裂が入り、中の髄核が飛び出して神経が圧迫され、痛みやしびれなどの症状が引き起こされます。

椎間板の水分の減少は、25歳を過ぎると生じるといわれていますので、成人の方は椎間板の老化に注意しましょう。

原因2 外からの圧力

頸椎椎間板は日常生活を送る際に常に働いている、可動性が大きい部位であること、構造上外からの負担に弱いという特徴があります。したがって外部からの力が頸椎椎間板に大きく影響を与える可能性が考えられるのです。

実際に、ラグビーなどの首への衝撃が大きいスポーツを行なう選手には頸椎椎間板ヘルニアを発症している人が多くみられます。そのほかにも水泳の息継ぎ、ロードバイクの前傾姿勢、ジョギングなどの上下動、テニスなどのハードな動きは頸椎椎間板に負担をかける動作なので注意が必要です。

原因3 姿勢

最近では長時間パソコンの前で作業したり、携帯を見続けたりする人が増えていますが、同じ姿勢を長く続けていると首にかかる負担が大きくなります。

通常、首は前方向に向かって緩やかな曲線を描いていますが、これは頭の重さを首や肩だけで支えるのがつらいため背骨や骨盤にも負担を分散させているのです。ところが、同じ姿勢をずっと続けていると首への負担が大きくなり椎間板やその周りの靭帯が傷つくように。その結果、首の曲線が変形してしまい首が痛くなったり肩こりが生じたりします。それがひどくなると椎間板の弾力が失われて破れてしまい、頸椎椎間板ヘルニアを発症することに。普段からパソコンやスマホの操作を行なうときには、背筋をよくすることと定期的に体を動かすことを心がけましょう。

原因4 タバコ

椎間板には血管がないため、椎間板の周りにある毛細血管から染み出た栄養分をスポンジのように吸い込んでいます。タバコを吸うとタバコに含まれるニコチンがこの毛細血管を収縮させるため、椎間板への栄養が滞ることに。栄養が届かない状態が長期間続くと、椎間板内部の水分が奪われて椎間板が変形してしまいます。弾力性も弱まるため、椎間板が破れてしまいこれがヘルニア発症の原因に。

また、椎間板は水分とコラーゲンという軟骨成分で形成されていますが、コラーゲンはビタミンCから作られており、このビタミンCが喫煙により大量に失われることが分かっています。タバコ1本吸うとなんとレモン半分のビタミンCが失われてしまうとか。タバコはコラーゲンの生成能力を低下させ椎間板の老化を早めてしまうので喫煙者は禁煙を考えたほうがよいかもしれません。

原因5 事故

車による追突などの不意な交通事故に遭遇すると首に大きな衝撃を受ける場合があります。

そのショックにより頸椎椎間板が飛び出し、椎間板ヘルニアを発症してしまう可能性があるのです。事故発生時の衝撃を少しでも和らげるために、運転時には必ずシートベルトを装着し、頭の位置にあったヘッドレストを使用するようにしましょう。

原因6 筋力不足

頸椎椎間板ヘルニアは椎間板の老化や生活習慣が影響することから、成人やお年寄りに多く見られる傾向にあります。しかし最近では子供の頸椎椎間板ヘルニアも増えているので要注意。

大人ほどの筋力がないため、運動しているときに首の骨に直接負荷がかかってしまうことが考えられます。ゲームやスマホの操作で猫背になり、大人とあまり変わらない重さの頭部を支え続けていることも問題になっています。

※この記事の作成に参考にしたサイト