トップページ >  頸椎椎間板ヘルニアの基礎知識 >  さまざまな治療法の費用比較

さまざまな治療法の費用比較

治療法ごとに異なる費用を概算でまとめてみました。

保険適用される治療とされない治療

頸椎椎間板ヘルニアの治療法にはいろいろなものがありますが、その中でも健康保険が適用されるものとされないものがあることは知っておくといいでしょう。

効果があるとわかっていても、保険が使えなければ高額な手術費用が必要になることもあります。もちろん保険が適用される治療法もありますので、自分にとって最適な方法を選ぶことが大切だといえます。

一般的には保存療法や理学療法、切開手術、内視鏡手術は保険が適用されます。ただし、理学療法でも整体や整骨院などは保険適用されない場合があります。また、最近話題となっているPLDDレーザー治療などは保険が適用されません。

治療法ごとの費用

  • 保存療法軽度のヘルニアなら保存療法で改善するものもあります。保存療法は、理学療法などいくつかの治療法を併用することも多い治療法です。

    目安:1ヵ月3~4万円程度(理学療法などを併用した場合)

  • 理学療法病院で診察を受けて行われる理学療法は保険が適用されるため、比較的安価で受けることができます。温熱療法や薬物療法などと併用されることも多い治療法です。

    ただし、場合によっては整体やカイロプラクティックで骨の矯正などをすることで改善することもあります。この場合保険は適用されないのがほとんどです。

    そのため、理学療法についてはどこでどのような治療を行うかによって費用はまちまちです。

  • PLDDレーザー治療レーザー治療は、基本的に保険が適用されません。短期間で効果の高い治療を期待できますが、費用が高いというデメリットもあります。

    目安:手術費用40~60万円(別途入院費用や投薬費用が必要)

  • ラブ法切開手術切開手術は保険が適用されます。

    目安:20万円程度(前方固定術の場合)

  • 内視鏡摘出手術内視鏡摘出手術は保険が適用されます。

    目安:25万円程度(3割負担の場合)

おおよその概算で表してみましたが、入院期間や程度などによって費用は異なってきます。また、高額医療費の申請をすることにより負担金が少なくなることもありますので、病院の窓口などに相談してみるといいでしょう。ちなみに、内視鏡摘出手術の場合高額医療費の申請をすると自己負担分は9万円になります。