MENUCLOSE
決定版!頚椎椎間板ヘルニア治療徹底ガイド » 首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」とは » ヘルニアに似た首の病気

ヘルニアに似た首の病気

こちらでは頚椎椎間板ヘルニアに似た症状の首の病気について解説します。

首が原因で起こる病気

頚椎椎間板ヘルニアに似た症状があり首が原因で起こる病気にはさまざまなものがあります。

頚肩腕症候群

手作業を続けたりパソコンなどを使いすぎることが原因で首、肩、腕に起きる症状です。程度や症状には個人差がありますが、首や背中の筋肉が痛い、手や指がしびれる、手に力が入らない、腕を動かすと痛みがありだるい、手が冷える、めまいや頭痛がするなどの症状があります。

胸郭出口症候群

首から肩にかけた胸郭部分(鎖骨、第一肋骨、小胸筋、斜角筋などから成る)で神経の出口(通り道)が狭くなり血管や神経が引っ張られたり圧迫されたりして起こる症状群です。肩から背中付近の凝り、手や腕のしびれ、痛みなどの症状があり自律神経失調症のような症状が起きることもあります。

肩関節周囲炎(五十肩)

肩の関節が痛んで関節の動きが悪くなる40代~50代に多くみられる症状です。骨、靱帯、軟骨、腱など関節を構成する部分が老化し周囲の組織に炎症が起きることが原因で起こります。自然に治ることもありますが放置すると日常生活が不自由なだけでなく関節が動かなくなる場合もあります。

インビンジメント症候群

インビンジメントは「ぶつかる、挟まる」という意味で、インピンジメント症候群とは肩を上げたり動かす時に肩関節で滑液包や腱板がぶつかったり、挟まったりして痛みを起こし、それ以上動かすことができなくなる一群の症状のことです。生まれつき骨の変形があったり、加齢で肩峰下に骨棘ができたり、スポーツ選手など腕をよく使ったりすることが原因で起こります。

頚部脊柱管狭窄症

背骨の脊髄が通っている脊柱管が圧迫されて手がしびれたり、首や肩周辺の筋肉がこったりし、悪化すると歩行障害などの日常生活にも支障が出てきます。追突事故やむち打ち、成長時における脊柱管圧迫、加齢による黄色靭帯肥大、首への負担が大きいボクシングや柔道、サッカーのヘディング、ラグビーのタックルなどが原因で起こります。

変形性頚椎症

頚椎椎間板ヘルニアと同じく神経症状がありますが、加齢とともに発症頻度が減る頚椎椎間板ヘルニアと異なり、加齢とともに発症頻度が増えていきます。ヘルニアと比べると広い範囲で多方向に痛みが起き、複数の場所が同時に圧迫されて痛むという特徴があります。

頚椎すべり症

頚椎はゆるやかなカーブを描いて並んでいますが、頚椎すべり症は何らかの原因で支えきれなくなって椎骨の並びがずれてしまい、首が痛んだり手や腕がしびれたりといった症状が起こります。悪化すると脊柱管狭窄症の原因になります。

素人判断は危険です!

首が原因で起こる病気にはさまざまなものがあり素人には違いはわかりません。 ネットなどで検索して「私は軽い頚椎ヘルニアだからストレッチで治すわ!」などと安易に素人判断で治療を行うことはとても危険です。首が痛かったり何か違和感を感じたり、手や腕がしびれたりした時は、まず病院に行って医師の診察を受けるようにしましょう。

※この記事の作成に参考にしたサイト