頚椎が果たす役割

頚椎の仕組みや役割について基礎知識をまとめました。

脊椎の仕組みについて

頚椎とは脊椎の上部、首の部分。重い頭を支えて首を動かすための役割を担っている所です。頚椎は7つの骨が椎間板をはさんで連なっており、なかでも一番上の頭蓋骨に繋っている部分を環椎、その下を軸椎と呼び、この組み合わせの部分がもっとも大きな動きを可能にしています。

軸椎には垂直にのびる突起があり、後上方から見ると人が足を組んで座っているように見えるため、いわゆる「のど仏」と呼ばれています。頚椎は下にある椎体ほど大きく、特に一番下の第7頚椎は長く大きな突起を持っています。各頚椎が蛇腹のように作用することで前後への曲げ伸ばし、左右へのねじりなどを可能にしています。

脊椎菅が果たす役割

頚椎の前方と後方の間には脊柱管というものがあります。脊柱菅は生まれつき広い人と狭い人がいて、脊柱管が広い場合、脊椎は脊柱管の中にゆったり納まることができますが、脊柱管が狭い場合は常に窮屈な状態が続きます。

脊柱管が広い場合、多少ヘルニアがあっても逃げる余裕がありますが、反面、狭い場合は精椎が圧迫され、手足のしびれやこわばりが生じてしまうのです。また、狭い人の場合は症状の進行も早く、重くなりやすいと言われています。

脊椎を支える頚椎のはたらき

脊柱管の中に納まっているのが脊椎で、その脊椎の首の部分を頚椎と呼びますが、実は、頚椎と脊椎の関係が病状を大きく左右しているのです。

頚椎からは腕や手の末梢神経に伝わる上腕神経叢が枝分かれしています。そして、神経の束本体は、胸椎下へと連続しており、胸椎からはろっ骨神経が、腰髄や下肢にいく神経が、仙髄からは排尿や排便の機能をつかさどる神経が枝分かれしています。

よって、もっとも上部にある頚椎がヘルニアなどで圧迫されると上半身は肩、腕、手から下半身は膀胱や校門に至るまで全身に麻痺が起こってしまうのです。