あいち腰痛オペクリニック

ここでは、頚椎椎間板ヘルニア、腰痛治療専門の「あいち腰痛オペクリニック」について紹介します。

高水準な技術と専門機器を備えたクリニック

あいち腰痛オペクリニックは愛知県丹羽郡にある、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア、腰痛、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折等の治療や手術の専門機関。特に力を入れているのが腰痛ヘルニア治療です。

院長は、日本整形外科学会認定として数々のメディアにも登場。負担の少ない内視鏡手術に定評があり、開業15年目を迎えた今、全国から来院する患者も少なくありません。ヘルニア治療をメインとした大規模な病院ということもあり、3つの手術室を用意。最少侵襲脊椎専用手術、脊椎切開手術・顕微鏡下脊椎手術などに分かれており、それぞれ専門医療機器がフル装備されています。

名古屋駅からタクシーで40分(高速利用)と立地が良くない為、遠方から通うのは大変ですが、設備や技術面では問題ないと言えるでしょう。

椎間板ヘルニアの治療

治療はおもに切開手術、内視鏡手術、PLDDレーザー手術など多岐に渡ります。特に力を入れているのは、PECD手術。4mmの切開部分に2mmの小鉗子を入れ、直接ヘルニアを摘出する内視鏡摘出するというもので、世界最小、最短の手術と言われています。手術当日に歩行開始ができ、翌日退院になります。

また、中度のヘルニアの場合はPLDD治療を受けることも可能。頚椎ヘルニアの場合は45万円、追加手術は15万円です。また、こちらのクリニックは最新医療を提供しているということで、検査から手術まですべて自費負担となるようです。

患者さんの治療体験談

仕事柄、パソコンに長時間むかうことが多く、右肩、右腕に痛みを感じるようになりました。整体やマッサージに通ってみたものの、痛みがひどくなってしまい近所の神経内科でMRI検査をしたところ頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。その後、ブロック注射や内服薬でどうにか痛みを抑えていましたが、治る見込みがなかった為、こちらのクリニックにお願いすることにしました。重度のヘルニアだったので切開手術になりましたが、6日間の入院で済み、負担が軽くて大変助かりました。

人生初の入院、手術で不安でしたが温かいスタッフの方々の支えがあり、無事に手術を終えることができました。病院も清潔で紙の下着やアメニティグッズが用意され、快適に過ごすことができました。

日帰りレーザーを希望していましたが、PELD手術をすすめられ、一泊二日の入院で手術を受けました。首の痛みは改善されましたが、手のしびれは残っています。以前に比べれば楽になったので、ストレッチや散歩などのケアを心がけています。

基本情報

伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック
所在地 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
アクセス 名鉄犬山線「犬山」駅よりタクシー(所要時間:約7分)
診療時間 8:30~12:00、14:00~17:00
休診日:木・日曜・祝日
ホームページ http://www.itoortho.jp/