保存療法

ここでは、頚椎椎間板ヘルニアの保存療法や治療例を紹介します。

身体への負担と拘束時間が抑えられる治療法

保存療法とは手術を行わない治療法です。手術に比べて体への負担が軽く、入院などの時間的束縛もかからないというメリットがある為、よほどの重症でない限り、まずは保存療法によって症状を緩和させることを目指すことが一般的。ヘルニアの場合、7~8割は保存療法で改善するようです。

また、保存療法にはいくつかの治療法があり、それらを組み合わせながら治療を行っていくので、ひとつの治療法のみで進める病院はまず無いでしょう。

おもな保存療法について

症状緩和や改善を目的とする保存療法は5種類。安静治療、姿勢矯正、薬物療法、ブロック注射、生活改善です。代表的な治療としては安静療法が挙げられるでしょう。突然の痛みで身動きが取れなくなった場合、とにかく絶対安静がもっとも効果的な療法となります。

腰の負担を最小限におさえ、筋肉の炎症が引くのを待ちます。また、急性期のヘルニアの場合はコルセットなどの固定装具を用いて姿勢を矯正します。「とにかく痛みを軽減したい」という場合には、抗炎薬や筋弛緩剤などの内服薬を利用することも多いようです。鎮痛目的としてはブロック注射も活用されます。

ブロック注射には、硬膜外ブロック注射、神経根ブロック注射、椎間板内ステロイド注射などの種類がありますが、それぞれ痛みの有無や効果が異なりますので、医師に相談すると良いでしょう。

これらの保存療法で痛みが緩和されたら、ふたたび痛みを再発しないための生活習慣の改善も大切です。日頃から、姿勢を正す、適度な運動を心がけるなどのケアで予防を心がけていきましょう。

保存療法で症状が緩和されない場合は?

上記の保存療法で痛みが引かない場合や今すぐ痛みを抑えたいという場合には、神経圧迫の原因である部分を取り除く手術を行う場合もあります。保存療法に比べて大きな効果が期待でき、術後すぐに痛みが取れるなどの変化が顕著にあらわれます。