ラブ法切開手術

ここでは、頚椎椎間板ヘルニアの代表的な手術「ラブ(LOVE)法」切開手術について紹介しています。

全身麻酔による切開手術

切開手術は従来よく行われていた手術で全身麻酔による手術を差します。誰でも手術は避けて通りたいものですが、神経細胞がダメになり手術をしても破壊された細胞は元に戻らない可能性もあります。

手術にふみきるタイミングは「これ以上我慢できないくらいの痛み」、「手術をしてでも楽になりたい」といった痛みの程度であったり、あごを胸につけた後、ゆっくりと天井を見上げた時に違和感があるか、転びやすい、膝がガクガクするといった症状も指標のひとつだそうです。

とはいえ、素人判断で手術ができるわけでもないので、多くの治療例があり、診断に長けている医師にかかることが最も大切だといえます。

前方除圧術

首の喉仏側から脊髄、神経根を除圧する手術。首の前方の皮膚を少し切り、頸動脈や器官を避けて椎体の前方へと到達します。頚椎椎間板ヘルニアの場合は、神経を圧迫している箇所が脊髄や神経根よりも前方にあるため、首の前の方から入ることで患部を直接取り除くことができます。

除去した椎間板の穴は人工骨や自分の骨、チタンケージで固定する方法があります。手術にかかる時間は2~3時間程度が一般的で、入院期間は約2週間ほど。

比較的早い段階で取り除くとはっきり症状の改善がみられる為、医師の間でも患者さんにとっても、納得がいくケースが多いどうです。

後方除圧術

首の後ろの方を切開して椎弓(脊柱管の後ろの部分)の片側の骨を削って切り開き、もう一方には切り込みを入れて蝶番の役割を与える手術です。手術にかかる時間は2~3時間程度で、入院期間は約2週間ほどです。

ただし、この手術は頚椎後方の筋肉を傷めることが懸念事項として挙げられます。