MENUCLOSE
決定版!頚椎椎間板ヘルニア治療徹底ガイド » 頚椎椎間板ヘルニアの治療方法 » 【手術】内視鏡摘出手術治療

【手術】内視鏡摘出手術治療

ここでは、頚椎椎間板ヘルニアの内視鏡手術について紹介しています。

内視鏡摘出手術治療とは

首の斜め前から内視鏡レーザーを挿入し、神経を圧迫しているヘルニア部分を除去できる内視鏡摘出手術治療。中度~重度のヘルニアに効果がある手術であり、従来の切開手術とは違い、数ミリ単位の切開で済みます。大部分の椎間板組織を保存しながら行なう最新鋭の治療であり、患者さんへの負担が少ない治療です。しかし、食道や気道という体の中でも重要な部位にかかわる手術になるので、クリニック選びや担当医選びが何よりも重要といえるでしょう。「PECD(Percutaneous Endoscopic Cervical Discectomy)」とも言われており、日本では「経皮的内視鏡下頚椎椎間板ヘルニア摘出術」とも言われている手術です。

内視鏡摘出手術治療のメリット

傷跡が小さくて目立たない

PECD(内視鏡摘出手術)は、首の斜め前から内視鏡とレーザーを挿入する手術です。その際、挿入するために、皮膚を切開する範囲は4~7mmほど。ミリ単位の切開になるので、傷口は最小限で抜糸も不要です。傷口も小さなものなので、手術後の細菌感染などの心配もありません

体への負担が最小限で済む

レーザーで原因となる部分のみを除去するため、切開部分が最小限に済みます。さらに正常な椎間板は保存することができるので、従来の切開施術と比べて人間が本来もっている自然治癒力による回復を期待できます。また術後に別々の器官や組織がくっついてしまう「癒着」の可能性が低いため、安心して治療に臨めるでしょう。

内視鏡摘出手術治療のデメリット

医師の技量によって手術結果が大きく左右される

内視鏡摘出手術の治療は、頸動脈や気管、食道など体にとって重要な部位を避けて行なう手術のため、高い技術が必要です。技術が未熟な医師が執刀した場合、頚動脈や気管、食道などを傷つける重大な事故が起きる可能性もあります。内視鏡摘出手術を受ける際には、担当医の経歴やクリニック選びが何よりも重要でしょう。

健康保険の適用外の自費診療になる

自費診療となるのでクリニックによって異なりますが、手術費用は120~130万円ほど。未承認の手術器具を用いるため、高額な費用を必要とします。ヘルニア手術は症状の度合いに応じて異なりますが、この手術は「骨棘のない中心性頚椎椎間板ヘルニア」にしか手術の適用がなく、症状が進んでいる場合には、他の手術が検討されます。

内視鏡摘出手術治療の治療の流れ

  1. ヘルニアの保存療法で効果がなく、手術療法が良いと判断された人の中でも、症状のレベルが中度~重度のヘルニアの場合に手術が受けられます。この手術は、医師の技量により手術結果が大きく左右される治療です。そのため医師選びやクリニック選びが何よりも重要になります。自費診療となるので、手術費用は医療費の控除といった制度を使うことも検討しておきましょう。
  2. 手術の適用があると判断された場合に手術を受けます。PECDは全身麻酔が基本となります。翌日退院も可能です。レーザーの照射による痛みは最小限。痛みや熱さを感じない程度の照射となります。クリニックによっては、MRIなどの画像診断を行います。
  3. 手術後は、頚椎カラーで首を固定しての退院となります。事務作業をはじめとする軽作業でも、術後1週間は控えるようにしましょう。万が一、しびれが残った場合は、すみやかに医師に相談してください。

費用の目安

自費診療となるのでクリニックによって異なりますが120130万円程度です。

治療を受けた人の口コミ

手術を受ける際の注意点

内視鏡手術を受ける際には、手術件数、成功事例などを明確に提示されているかの確認が必要です。

日本整形外科学会の技術認定医は認定基準が非常に厳しいため、資格を持っていれば技術的には問題ないと思って良いでしょう。