PLDDレーザー治療

ここでは、頚椎椎間板ヘルニアの治療で近年注目を浴びているPLDD法について紹介しています。

もっとも侵襲度が低いレーザー治療法

ヘルニア療法として近年注目を浴び、盛んに行われているのがPLDD(レーザー椎間板除圧術)と呼ばれる治療です。

その方法は、まず局所麻酔の後、椎間板そのものに針を刺して、そこからレーザーを放出します。レーザーを照射することで椎間板の中に小さな空洞を作り、椎間板の圧力を弱めることで空洞に飛び出ていたヘルニアが引っ込み、痛みやしびれといったヘルニアの症状が改善するというものです。

特筆すべきはその傷口の小ささ。局所麻酔で2~3mm程度の小さな穴をあけるだけで済むことから、従来の切開手術に比べると侵襲度が低く、当日または翌日には退院できるというメリットがあります。全身麻酔による手術に抵抗があるという方、忙しくて入院や手術に時間が取れない方にはお薦めの治療法です。

手術時間はわずか15分、翌日から仕事も可

具体的な手術の方法は、局所麻酔下、皮膚の上から直径1mmほどの椎間板針をレントゲン透視下に刺し、そのなかにレーザーファイバーを挿入して、レーザー照射を行うという流れです。

照射時間はわずか5分程度。術後は1時間ほど安静が必要になりますが、その後帰宅でき、翌日からシャワーも仕事も可能です。出血もほとんどなく、副作用が少ない点も特長です。

もちろん、レーザー治療の場合も全くの無傷というわけにはいきませんが、体にかかる負担については現状のヘルニア手術のなかではもっとも軽いと言えるでしょう。

クリニック選びの指標

最近ではPLDDを導入するクリニックが増えてきましたが、必ずしも良心的な治療を行うクリニックとは限りません。最新の医療機器を使用しているか、治療経験が豊富か、治療件数を掲載しているか、適応範囲や費用を明確にしている医院を選ぶようにしましょう。

注意すべきは、旧式のレーザーを使用している(神経損傷や椎間板炎を起こす恐れがある)、治療費用が安すぎる、宣伝色が強い、治療経験に乏しい、適応範囲や費用を明記していないクリニック。

PLDDの治療で起きやすいトラブルは金銭面です。頚椎部位へのレーザー治療は技術料がかかり割高になるケースが多いので、事前に確認することをお薦めします。