MENUCLOSE
決定版!頚椎椎間板ヘルニア治療徹底ガイド » 首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」とは

首のヘルニア「頚椎椎間板ヘルニア」とは

頚椎ヘルニアと聞くとなんだかとっても恐い病気と思う方も多いでしょう。初めて神経痛を患った方の多くはパニックになり、首に無理な運動をさせてしまい、その結果、さらに病状を悪化させてしまうケースも多々あります。

また、ヘルニアになってしまったことで、精神的にもダメージを受ける人も少なくありません。 ですが、きちんと構造を理解したうえで病気に向き合えば決して恐い病気ではないのです。今では、適切な治療によりヘルニアを克服することも可能になりました。

症状がわからないといった不安を取り除くためにも、まずは頚椎の仕組みや病気の原因などの基礎知識を身に付けましょう。

どんな病気?症状は?

頚椎には神経が通っていて脳から手や肩に送られる信号は、この神経を通して届けられます。頚椎の間には上下の頚椎を支えるクッションの働きを持つ椎間板と呼ばれる組織があり、この椎間板が飛び出して神経を圧迫する病気が頚椎椎間板ヘルニアです。神経が圧迫されることによって痛みや痺れなどの症状が起こります。

頚椎が果たす役割

頚椎とは?と聞かれてもなんとなく首のあたりの部位ということがわかっても、どのような働きを担っているかまでは知りませんよね。 頚椎とは脊椎の上部のことで重い頭を支えて首を動かすための役割を担っている所です。 脊椎は24個の椎骨から成っていますが、頚椎は頭を支えている首の部分の7つの椎骨のことをいい、蛇腹のように動くことで首を曲げたり、ねじったり、伸ばしたりできるようにしています。

頚椎が果たす役割についてもっと見る

おもな原因と症状

椎間板ヘルニアとは椎間板の中の髄核が飛び出る病気で老化、姿勢の悪さなどで負荷がかかることが原因で起こる病気です。飛び出した髄核が神経を圧迫することで首、肩、手、腕などに痛みや痺れを生じさせます。代表的な症状は頚椎を傾けた時に起こるピリピリとした痛みです。頚椎上部が患部の場合、腕の上半分が痺れが起こり、頚椎下部が患部の場合、腕の下側の痺れ、頚椎の痺れ、胸から腰にかけての痺れ、足先の痺れなどが起こります。

頚椎椎間板ヘルニアのおもな原因と症状についてもっと見る

さまざまな治療法の費用比較

頚椎椎間板ヘルニアの治療法には色々ありますが、健康保険が適用される治療と保険が適用されない自費の治療があります。保存療法、理学療法、切開手術は保険適用となりますが、PLDDレーザー治療などは保険適用がありません。また整体や整骨院などでの理学療法は保険が適用されない場合があります。

手術費用など頚椎椎間板ヘルニアの治療法の費用比較をもっと見る

日常的なケアと予防方法

頚椎椎間板ヘルニアを予防するために日常的にやっておくと良いことは、仕事の合間に首から肩の筋肉を動かすストレッチをする、お風呂や温泉に入って血行を良くする、軽いスポーツをするなどがあります。長時間同じ姿勢でいることが最も良くないので、パソコンを使っている時には30分以上連続で作業せずストレッチをしたり遠くを見るようにしましょう。

頚椎椎間板ヘルニアの日常的なケアと予防法についてもっと見る

首の不調の原因いろいろ

頚椎椎間板ヘルニアに似た症状で首が原因で起こる病気には様々ありますが、素人には違いはわからないので素人判断したりせず、首に違和感や痛みを感じたり、腕や手に痺れを感じたりした場合は、病院で医師の診察を受けることをおすすめします。

ヘルニアに似た首の病気についてもっと見る

肩こりはヘルニアの初期症状かを調べる