トップページ >  頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

頚椎椎間板ヘルニアの治療法はさまざまですが、大きく分けると保存療法と手術療法の2つがあります。症状や痛みの具合によって適した治療を行うことになりますが、いずれにせよ、数多くの症例にあたってきた医師による診察を受けるかどうかがもっとも大切なこと。

このカテゴリでは代表的な治療法を紹介しますので、知識を身に付けた上で、医師選びの参考になさって下さい。

患者への負担が少ない保存療法

保存療法は痛みや症状の緩和を目的として行われる治療で、安静治療、姿勢矯正、薬物療法、ブロック注射、理学療法、生活改善などがあります。

痛みを感じたらまずは安静にすることが先決ではありますが、根本的な治療にはなりませんので、コルセットによる矯正や内服薬などを飲むなど、いくつかの治療を組み合わせて症状の改善を狙います。一定期間保存療法を続けて効果がない場合は、手術を行うのが一般的です。

手術療法

手術の方法は、従来から行われている切開手術、最少侵襲の内視鏡レーザー、PLDDレーザー照射など様々です。

以前は、切開手術がメインでしたが、合併症を引き起こす恐れがあることから、近年ではレーザーによる手術が多く行われるようになりました。ただし、これらの手術は医師の技量が問われますので、医師選びは慎重に行って下さい。