MENUCLOSE
決定版!頚椎椎間板ヘルニア治療徹底ガイド » 頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

頚椎椎間板ヘルニアの治療法はさまざまですが、大きく分けると保存療法と手術療法の2つがあります。症状や痛みの具合によって適した治療を行うことになりますが、いずれにせよ、数多くの症例にあたってきた医師による診察を受けるかどうかがもっとも大切なことです。

このカテゴリでは代表的な治療法を紹介しますので、知識を身に付けた上で、医師選びの参考になさって下さい。

治療方法の種類

頚椎椎間板ヘルニアの治療は一般的には、まず保存療法で1~3ヶ月ほどの期間を目安に経過を見て、改善されない場合は手術なども検討することになります。また、症状によってはすぐに手術が必要になる場合があることもあります。

保存療法は痛みや症状の緩和を目的として行われる治療で、安静治療、姿勢矯正、薬物療法、ブロック注射、理学療法、生活改善などがあります。手術の方法は、従来から行われている切開手術、最少侵襲の内視鏡レーザー、PLDDレーザー照射などさまざまです。

症状によって最適な治療法は異なる

頚椎椎間板ヘルニアの治療を受ける場合には「どの治療が優れている」ということはなく、患者さんの症状や生活スタイルなどによって最適な治療は異なってきます。比較的症状が軽く、できるだけ速やかに痛みを取りたいと言う場合はPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)がおすすめです。身体へのダメージが極めて少なく、日帰りできるので入院の必要がなく、術後すぐに普段の生活ができる、時間的負担、身体的負担、精神的負担を軽減することができます。

保存的療法の種類

保存的療法は身体への負担と拘束時間が抑えられる治療法であることがメリットにあげられますが、治療を受ける病院によってはなかなか症状が改善しない場合もあります。

安静治療

頚椎椎間板ヘルニアになったほとんどの方が選択している治療法です。手術を受けたときのように体への負担がなく、薬物療法を受けたときのように副作用の心配がないというメリットがあります。ただし、治療期間がどの療法よりも長く、症状が悪化する可能性も考えなくてはならないのがデメリットです。他に治療の流れや費用の目安なども載せていますので、頚椎椎間板ヘルニアになったので安静療法について知りたいという方はぜひ役立ててください。

頚椎椎間板ヘルニアの安静治療についてもっと見る

姿勢矯正

頚椎椎間板ヘルニアの治療法のひとつで、整骨院や接骨院、整体院で受けられます。ヘルニアを引き起こす悪い姿勢にアプローチして再発のリスクを下げられるのが大きなメリットです。しかし、一度矯正の仕方を間違えると、ヘルニアの症状をさらに悪化させてしまいます。ここでは、姿勢矯正のメリット・デメリットをはじめ、治療の流れや姿勢矯正治療を受けた方の口コミ、費用の目安をまとめていますので、ぜひご覧ください。

頚椎椎間板ヘルニアの姿勢矯正についてもっと見る

薬物療法

頚椎椎間板ヘルニアになった方が薬物療法を受けるメリット・デメリットとは、どんなものがあるでしょうか。大きなメリットは、つらい痛みを緩和できることです。慢性的な痛みを緩和してくれる鎮痛薬・緩和薬もあります。ただし、薬物療法は薬を服用することで、吐き気やめまいなどの副作用があるのがデメリットです。他にどのようなメリット・デメリットがあるのかもまとめていますので、治療の流れや口コミとあわせて確認しておくといいでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアの薬物療法についてもっと見る

ブロック注射

薬物療法で抑えられない激しい痛みを伴う場合、受けられるのがブロック注射です。痛みのある患部に直接注射するので、痛みに対して即効性があります。健康保険が適用されるため、3割負担で良いのもメリットです。デメリットとして、合併症や副作用のリスクがあるだけでなく、注射時に痛みを伴います。治療を受ける前にやるべきことや、すぐに受けられる治療かどうかも解説しています。ブロック注射を受けたい方は、チェックしておくのがおすすめです。

頚椎椎間板ヘルニアのブロック注射についてもっと見る

生活改善

普段の生活に気を付けることで頚椎椎間板ヘルニアを予防していく方法です。生活改善を行うと、ヘルニアだけでなく他の頚椎に関する症状が軽減されます。しかし、かなり症状が進んでいた場合は、改善が期待できません。また、生活改善は日々の生活に簡単に取り入れられる反面、日頃から意識するのが難しいといえます。生活改善の具体的な方法や、近ごろ増えているスマホやパソコンを使う際の注意点なども解説しているので、ぜひご覧ください。

頚椎椎間板ヘルニアの生活改善についてもっと見る

理学療法も保存的療法の1つ

整体などで行われる理学療法も頚椎椎間板ヘルニアの保存的療法の1つです。

温熱療法

温熱療法を受ける際のメリットとして、メスを入れる治療ではないので体への負担が軽く、家でも気軽に行える点が挙げられます。ホットパックや温湿布などを患部にあてたり、入浴で体を温めたりすることで患部の痛みやしびれを緩和させることができるためです。ですが、体の表面だけにしか効果があらわれず、低温ヤケドを引き起こしてしまうおそれも。温熱療法は家だけでなく病院でも受けられる治療法です。病院で治療を受ける場合の流れや費用の目安もまとめています。

頚椎椎間板ヘルニアの温熱療法についてもっと見る

牽引療法

牽引療法のメリットは体への負担が少なく、自然治癒力を高められることです。デメリットには、医師の診断によっては施術を受けられないケースがあり、急性期の頚椎椎間板ヘルニアには効果が出ないことが挙げられます。メリット・デメリットだけでなく、治療の流れや費用の目安、牽引療法を受けた方の口コミもまとめました。すべての項目を踏まえて、受けるか受けないかを決めるときに役立ててください。

頚椎椎間板ヘルニアの牽引療法についてもっと見る

運動療法

軽度の頚椎椎間板ヘルニアであれば、運動療法を行うことで簡単に治すことができます。ヘルニアの予防をはじめ、再発防止や痛みの軽減にも効果的な療法です。しかし、中度以上の頚椎椎間板ヘルニアと診断された場合にストレッチを行うのはNG。やり方を間違えてしまうと、ヘルニアが悪化するおそれがあるためです。正しい治療の流れや注意点、運動療法を受けた方の口コミを紹介していますので、確認してヘルニア改善に活用するといいでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアの運動療法についてもっと見る

手術の種類

頚椎椎間板ヘルニアの手術というと以前は切開手術がメインでしたが合併症を引き起こす恐れがあることから近年ではレーザーによる手術が多く行われるようになっています。レーザーによる手術は痛みが少なく、傷跡も小さく、術後すぐに普段の生活ができる低侵襲手術であるというメリットがあります。

PLDDレーザー治療

レーザーを使うことで切らずに手術できる治療法です。レーザーを照射して神経を圧迫している椎間板を取り除き、痛みを緩和させます。メリットは体への負担が最小限で済み、高齢者や高血圧、糖尿病患者でも治療を受けられること。ただし、健康保険の適用がないので自費診療になってしまいます。重度のヘルニアには効果がないのも要チェックです。治療期間や治療の流れ、クリニック選び方なども解説しているので、PLDDレーザー治療を考えている方は参考にしてください。

頚椎椎間板ヘルニアのPLDDについてもっと見る

内視鏡摘出手術

中~重度の頸椎椎間板ヘルニアに効果のある手術です。内視鏡レーザーを挿入して数ミリ単位を切開するだけで済むため、傷跡が目立たず体への負担が最小限になります。その一方で、医師の技量によって手術結果が大きく左右され、健康保険の適用外となるので自己負担がかかるデメリットも。ここでは、メリット・デメリットの解説をはじめ、治療の流れや手術を受ける際の注意点、内視鏡摘出手術治療を受けた方の口コミなどをまとめています。

頚椎椎間板ヘルニアの内視鏡摘出手術についてもっと見る

切開手術

ここでは、頚椎椎間板ヘルニアの切開手術のメリット・デメリットや治療の流れ、手術の種類などを詳しく解説しています。症状の悪化や進行を防ぐことができ、保険診療が適用されるので費用がおさえられる点がメリットです。デメリットとして、長期の入院が必要になるほど体への負担が大きく、合併症を引き起こしてしまう可能性があります。どんな場合に切開施術が選択されるのか、どんな人に向いているかなどもまとめているので、ヘルニアの治療として切開手術を考えている方は必見です。

頚椎椎間板ヘルニアの切開手術についてもっと見る